ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

現代と昔、デザインの違いから感じること

今回、アンティークピアンの記事を書いていて気がついたのですが外観の基本デザインは昔も今も同じなんですが、昔のピアノはどれもデザインに遊び心があり魅力的なデザインが多く、逆に今のピアノは合理的でシンプルなデザインの物が多いということに改めて気がつきました。

現代の代表的なピアノ、ヤマハのシンプルなデザインの脚や譜面台
 img_7196
 
素敵(複雑)なデザインの譜面台に円錐の脚の1906年製プレイエル
6da5ffd6


 これもステキな1877年製のグロトリアン・スタインヴェックの譜面台
dsc_0177


 凝ったデザインの1877年製のグロトリアン・スタインヴェックの脚とペダル
dsc_0155


京都芸術センターにある1910年製のペトロフピアノ 脚と譜面台も凝っています。
%e2%84%964

ここから見えて来るものは私見ですが、例え高級ピアノであっても、現代のピアノ作りはいかに合理的(コストダウンして)にピアノを作るか、さらに国際コンクールで優勝して名声をいかに高めるか?一流ホールにできだけたくさん納品(設置)して有名ピアニストに演奏してもらいブランド力をいかに高めるか?少し歪んだ見方かも知れませんが、今の多くのピアノメーカーの価値観をそんな風に感じます。

芸術全般もそうですが、見方によればピアノという楽器は無駄の権化みたいな所があります、さらに他の楽器と違い、たいへん複雑な構造を持ち、かなり扱いが厄介な楽器です。

このことも一般にほとんど理解されていませんし、購入者の方も半数以上の方が初心者の方なので、ご自身の演奏で個性や性能の違いを知るのが難しく、ピアノの価値をメンテナンスも含めてブランドと値段だけで判断される方が多いように思いますが、そのあたりが私にはとても残念です。

脚のデザインは好みの問題で済みますが、たとえば現代の多くの譜面台は単に平らな板ですが、これは演奏者には遮音板になりますが、譜面台が透けていると演奏者にピアノの音がよりダイレクトに伝わるという利点があります。

現代のピアノも探せば、普通のピアノでも、少しは遊び心のあるデザインのピアノもあります。

現代のディアパソンの譜面台
IMG_0737

現代のフォイリッヒの譜面台
img_7187

凝ったデザインのペトロフの脚と椅子
img_7193

今はピアノコンクールブームで、各地で様々なコンクールが開催されていますが、腕前を競い合うのも目標があってピアノ上達の早道ということもありますが、反面、競争の弊害も数多くあり、それを親御さんは理解されているのでしょうか。

偉そうなことを云って恐縮ですが、今のピアノ作りにしても、メンテナンスにしても、また演奏にしても、私には現代人は遊び心とかゆとりとか、他にも人生の何か本当に大切なものを見失っているような気がしてなりません。


今日のお話に少しでも共感頂けたなら植田作成の資料
ピアノよもやま話」をぜひ、ご一読下さい。

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取