ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

出荷調整と納入調整の重要性

出荷調整とは納品前にメーカーまたは販売店で、主としてメカニズムの調整をメインに行うもので手慣れた調律師でも3日間を要する作業です。中古品ならその倍以上の作業時間が必要です。

浜松ピアノ店の場合
メーカー(浜松)から入荷したピアノを納品前に一度倉庫から出して、店頭で開梱・組み立てして、全てのメカニズムの精度を上げる出荷調整を行い、完了後、再梱包してから梱包してから納品します。

これには移動・開梱・組立・再梱包のコストもかかり、約3日間の調整の作業時間も必要になります、これを出荷調整(プレップ・アップ)と呼びます。

店頭での出荷調整の風景(ペトロフグランドピアノP210 Pasat)
  



なぜ新品のピアノをわざわざ調整する必要があるのか?とお考えの方が多いかと思いますが、1千万円クラスの最高級ピアノでも(むしろ天然素材の使用が多い高級ピアノほど)、新品時は初期の材質の動き(伸び縮み、歪み)が大きいので、性能(タッチや音色、響き、表現力)を重視するなら、これらを技術者の手で全ての部品の摺合せを最適化することが必要不可欠です。

大概のピアノは出荷調整が省かれています。

別に出荷調整をしなくても故障することはないので、大概のピアノはこのような余分なコストと手間がかかる出荷調整が省かれていますが、これをやるとやらないでは、同じピアノでも性能が全く違ってきます。

これは地味な作業ですが、その成果はパッと見には大きく変化したようには見えませんが、確実に基本性能を高める作業ですので、長く安定した高性能を発揮するには必要不可欠な作業です。

写真は神戸に納品予定のディアパソンの店頭での納品前の出荷調整の作業風景。
 


こうして出荷調整が完了してから納品するのが弊社のこだわりですが、さらに完了後にお客様のご都合がつけば、再度ご試弾いただき、演奏者の更なる細かいご希望に合わせる調整も可能です。

今回は出荷調整が完了後、神戸から再度ご来店頂き、調整後のご試弾をいただき、ご意見をお聞きしました。
こうすることにより、最初から、より演奏者好みの音色やタッチに仕上げたピアノを納品することができます。

出荷調整完了後の再試弾風景


納入調整とは

納入後の部屋の音響を考慮した上で、より演奏者の好みの音色やタッチ、響きに近づける作業です。

作業内容は同じですが、全体的な微調整と部屋の響き(環境)を考慮しながら、演奏者の好みの音色、響きに合わせる作業で約半日の作業時間になります。

最後の仕上げである整音作業風景

以降の定期のメンテナンスも同じ作業内容で約半日の作業時間になります、定期メンテナンスで同様の作業を繰り返すことにより、もう手放せないピアノになると思います。

定期のメンテナンスの作業風景


このようにピアノはひと手間、ふた手間の作業を加えることにより、同じピアノであっても、自分好みの気持ちが良いピアノになっていきますので、ピアノという楽器は、いわばイージーオーダーの楽器と云えます。
  
浜松ピアノ店でピアノを選ぶメリット



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取