ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整を理解せずピアノの性能は語れない

かつて「ピアノの性能の差は価格の差ほどない」と書いたところ、ピアニストの方から「スタインウェイが10の表現力があるとすればヤマハは3か4の表現力しかない」という突っ込みがありました。

実際に多くのコンサートホールを体験されたピア二ストからすれば当然の意見かと思いますが、これには理由があります。


調律だけのヤマハと丁寧な調整をするスタインウェイで性能差が歴然
ピアニストがそれだけの性能差があるというヤマハとスタインウェイの性能差ですが、ヤマハはたとえホールのピアノでも調整する習慣がないのですが、スタインウェイは普段の調律とは別に、1年に1回は2日かけて丁寧な調整を行うので、その結果として歴然とした性能差が生まれます。

ピアノは丁寧な調整で初めて本来の性能を発揮します






最近のショパンコンクールにはヤマハ、カワイ、スタインウェイ、ファツィオリが出展されますが、出場者がどのピアノを弾くかで大いに悩むところを見ると、さほどの性能差はないということがわかります。

ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです



 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取