ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの運送費とその流れ

グランドピアノの納品風景ですが、ペタル部分と足を外してこのような姿で運送、納品されます。アップライトの比べ梱包、開梱の手間がかかり。重量も重いので運送費も高額になります。

地域により多少料金が異なりますが、岡山の場合では、市内の1階から1階への移動料金はアップで1万円五千円前後、グランドで3万円前後位が移動料金の相場です。





これに2階吊り上げで1万円程度加算、エレベーター利用の場合も1万円程度の加算になりますが、難易度により特殊作業料が発生することがあります。

案外安いのが長距離便で、たとえば岡山の倉庫から東京の倉庫までの運送費はアップライトピアノで1万5千前後、グランドピアノで3万円前後ですが、これは浜松を起点としたワンマントラックの路線便があり、これを利用すると倉庫から倉庫への運送費は比較的割安です。

但しこの路線があるのは太平洋側(東海道や山陽道、九州道)で、裏日本になると便がないので割高になります。

仮に岡山の実家から東京の自宅までピアノを運んだ場合は、実家→岡山の倉庫→東京の倉庫→東京の自宅となり、合計でアップライトピアノで4万5千円前後、グランドピアノで9万円前後になります。

国際線は?
たとえば個人でヨーロッパで魅力的な中古グランドを見つけて、それを日本へ送りたい場合、航空便を利用することがありますが、航空運賃そのものは25万円前後と意外に安価です。

ただしピアノもただの荷物として扱われますので、それに耐える梱包が大変で、梱包費用がかなり高くつくと思います。

写真はチェコのプラハ空港から関西空港までグランドピアノを送ってもらった時のものですが、ピアノが傷まないような厳重な梱包が必要になります。



ヨーロッパの新品ピアノは、メーカーが専用梱包をしてまとめてコンテナ(船便)で送ってきますが、この場合なら時間(約ひと月半)はかかりますが、ヨーロッパからでも1台1万円程度の運送費で済みます。



よくあるご質問 より

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取