ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ハンマー交換の際には、同時に鍵盤の鉛調整が必要です!

ハンマーは代表的な消耗部品ですが、交換の際には鍵盤の鉛調整が必要です。その訳はハンマーが1g重くなると鍵盤は5g重くなると云われていますので、この鉛の大きさと設置位置で、すべての鍵盤の重さを再調整する必要があります。

丸く見えるのが鍵盤に埋め込まれた鉛です。


教室備品のヤマハグランドG-3の鍵盤の鉛調整シーン


教室備品のピアノは使用頻度が高く消耗品のハンマーが限界でしたので、今回ハンマー交換をしましたが、その際にタッチ(鍵盤の重さ)がバラバラになるので、同時に鍵盤の鉛調整も行う必要があり、その鍵盤の鉛(重さ)調整のシーンです。

上の写真は錘を使って、鍵盤の重さ、つまり何グラムで鍵盤が下がり何グラムで鍵盤が上がってくるかという、アップとダウンを調べているところです。

計測するとダウンが48g~67gとバラバラでとても弾き難いので、全ての鍵盤のダウンを48g、アップを20gに統一するための作業をする必要があります。

これは鍵盤のダウンを計測して、どの位置に鉛を入れるかを計測しているところです。


これはアップ、つまり今回は全ての鍵盤が20gで上がってくるようするためですが、これで鉛をはめる位置と大きさが決定します。

鍵盤に鉛をはめるための穴をあけているところです。

古い穴をふさぐ作業です。

古い穴を塞いで仕上げた状態です。


よく弾き込まれたピアノはハンマー交換の必要がありますが、新しいハンマーは整音や整形作業は勿論ですが、弾き易いピアノに仕上げるには、全体の調整は無論ですが、ハンマー交換と同時に鍵盤の鉛調整も不可欠ですので、かなりの手間がかかります。

鍵盤の重さは個々のメーカーの考え方や個人の好みによって多少異なりますが、ここでは皆様にハンマー交換の際は、鍵盤の鉛(重さ)調整が不可欠ということを、ぜひ知っていただきたいと思いました。

さらに弦やダンパー、チューニングピン交換作業など、使い込まれたピアノはやることが一杯ありますが、これらの消耗部品を交換した上で、全てをきちんと整調と整音を施せば、古くても快適なピアノになります。

中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの寿命


 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取