ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

プレップ・アップ=出荷調整という言葉をご存じでしょうか?!

言葉の意味は、出荷する前にピアノ内部のメカニズムの精度を技術者の手で上げることを云い、昔からスタインウェイのような高級輸入ピアノは、丁寧な出荷調整(プレップ・アップ)が行われてからお客様宅に納品されていましたが、それが今ではそんな高額なピアノですら出荷調整がかなり省かれる時代になりましたので、その他のピアノなら尚更です。

しかしながら弊社では、新品ピアノは勿論安価な中古ピアノも、全てのピアノを納品前に丁寧に出荷調整を行ってからお届けしています。

省かれるようになったのは、一通りの出荷調整をやるには新品でも3日もかかるので、手間(コスト)がかかり過ぎるという理由ですが、丁寧な出荷調整を行うと性能的には確実に向上し、ずいぶん弾いて気持ちが良いピアノ(タッチ、音色、響き、表現力の向上)に仕上がります。

出荷調整シーンをご覧頂くとわかりますが、特別な技術ではなく当たり前のことを当たり前のようにやっているだけで、要は手間をかけるか、かけないかの違いだけですが結果は歴然としています。

写真はたくさんある調整項目のほんの一部です。

鍵盤の下の清掃

鍵盤キーホールの清掃

鍵盤フロントホールの調整

鍵盤バランスホールの調整

棚板調整

鍵盤傾き調整

バックチェック合わせ調整

ハンマードロップ調整

ハンマー弦あたり調整

ハンマー弾力調整


浜松ピアノ店の展示ピアノもこのような丁寧な調整をしていますので、ご試弾いただくと中古・新品、メーカーを問わず、丁寧な調整(整調・調律・整音)の有無による性能(タッチ、音色、響き、表現力)の違いを体感頂けると思います。

中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの選び方とその問題点

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取