ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

楽器の個性 ピアノには必ず個体差があります

みんなのピアノ選びより抜粋

ピアノには必ず個体差があります

あなたは犬や猫などのペットをカタログや通販で購入されますか?
ペットショップでお目当ての動物に接して、見た目やしぐさ、性格を見定める方もいらっしゃるのでは。

実はピアノ探しも一緒なのです。
もちろんメーカーによって音やタッチに特徴や傾向はあるのですが、
たとえ同じメーカーの同じサイズのピアノであっても個体差が存在します。
 
都内練馬区からお出で頂いて浜松の竜洋工場で3台のディアパソンから選定中のお客様 立会いは浜松在住の職人調律師の山原氏

 











ピアノ内部には大量の木材、フェルト、クロス、皮などの天然素材が使用されていますし、メカニックの調整や音の仕上げには職人の手が入ります。

ですから1台1台に差が生まれるのは当たり前、この個体差が電子ピアノ、電化製品との決定的な違いと言えるでしょう。

明るく派手に鳴り響くピアノから深みのある柔らかい音のピアノまで、スッと軽いタッチからモワッと抵抗感あるタッチまで、そうした個々の異なる性格こそアコースティック楽器の面白さ、奥深さなのです。

このような理由から、私はまず各メーカーのピアノを積極的に試弾されるようお客様にご案内しています。そして新品購入の際には、出来るならばメーカーに同じモデルを複数台用意してもらってその中から1台に絞り込む作業、選定をされるように勧めています。

実際に何台か弾き比べられたお客様は大抵驚かれます。
「同じメーカーでもこんなにも違うんですね」「わざわざ選びに来た甲斐がありました」と。

都内港区のファツィオリジャパンで、ファツィオリピアノをご試弾頂いた田中節夫先生


自分にピッタリと思える1台を見つけることは、とても根気の要る作業です。しかし一生に一度になるかもしれない買い物です。

悩んで苦労して手に入れた楽器への愛情は、きっと格別なものになります。これから購入される皆様、ぜひ好奇心をもってピアノ選びを楽しんで下さい!

☆POINT
「全く同じピアノは世の中に存在しません。実際に弾いて気に入ったピアノを選びましょう」

お薦めブランド ディアパソン

みんなのピアノ選び

お薦めブランド ファツィオリピアノ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary