ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヤマハとカワイ、どっちが好いですか?というご質問を頂きます

昔はそのようなご質問が多かったのですが、今でも時々そのようなご質問をいただくことがあります。



私見でですが、今はヤマハの品質が落ちてカワイの品質が上がった感じで、今ではどちらも同じような品質のように思います、また昔は韓国のメーカーが中国で作ったピアノや北朝鮮で組み立てたピアノなどたくさんのブランドのピアノが日本で売られていて、確かに酷い品質のピアノもありました。

しかし最近はヤマハ、カワイは勿論、中国製のピアノを含めて酷い品質のピアノを見かけることがなくなりましたが、逆にいえば伝統的な製法で制作されり一部の純ヨーロッパ製ピアノを除けばどこも同じような品質になったように思います。

なのでヤマハを買えば安心かと云えばそうでもなく、出荷前の調整の省略や手抜きのメンテナンスで弾き難いピアノも多く、なかには真新しいヤマハを下取りに弊社で他社製のピアノに買い替えられた方もおられます。

なのでブランドイメージだけでピアノの良し悪しを論ずるのもナンセンスですが、それよりも最近は単にブランドイメージや素材の高級を謳っただけで、かなり割高なピアノが多くなったように思います。

昔ながら伝統的な製法で作られる一部の純ヨーロッパ製ピアノを除いて、今のように高度に機械化されたピアノ作りでは、中国で生産されたピアノを含めてどこのピアノも同じような品質になったように思います。

それではどこで性能の差がつくか?

合理的で高度に機械化されたピアノ作りで品質の差は出にくいのですが、お互いにリンクした基本的なメカニズムの素材に木やフェルト類を使っていますので、やはり人の手でそれらの歪みや伸縮を修正して、個々の部品の丁寧な擦り合わせ調整をすると、普通のピアノであっても準高級ピアノになります。

しかしそれにはそれなりのコストがかかりますし、さらにそのような地味な仕事ができる技術者も育って(育てて)いないので、結果としてイメージだけ高級なピアノが増えたように思います。










ピアノの性能を最大限引き出すために
ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary