ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ業界の新常態はどうなるか?

 




この記事を読んでピアノ業界のことを考えてみましたが、ピアノ業界はAIや自動制御システムを導入したピアノ作りやメンテナンスの実現は困難なようです。

ピアノ業界の合理化対策は、一部の高級ピアノを除けば、ますます中国でのピアノ作りが主流になって行くように思われます。

中国のハイルーンというピアノメーカーを視察する習近平さん
ピアノはハイテク商品ではないので、トランプさんもケチをつけれないのではないでしょうか

今もローテクなピアノ作りのチェコのペトロフピアノ工場、日本人から見ると昔ながらのピアノ作りが何とも魅力的ですが、それ故に年々高価になってきているのが残念ですが。









お奨めブランド ペトロフ

お奨めブランド フォイリッヒ

お奨めブランド ウェンドル&ラング


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary