ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの性能は調律師次第です!

ピアノの性能(音色やタッチ、表現力)は、調律師がどこまで丁寧で精密な整調を施し仕上げの整音をするかで決まると云っても過言ではありません。

ピアノという楽器は、鍵盤からアクションというメカニズムを通じて打弦する特異な楽器ということを考えると、このメカニズムの精密調整が欠かせませんし、さらに打弦するハンマーの形(ハンマー整形)や打弦スポットの適正化等も必要です。

性能を決める3つの基本要素



グランドピアノの打弦メカニズム


これらをユーザーの方が良く理解されるようになると、従来の調律を主体としたメンテナンスからメンテナンスにかける時間も内容も大きく変わってくるように思いますし、そうなれば世のピアノも弾き易く表現力豊かなピアノが増えることと思います。

丁寧なメカニズムの調整が必要です(アップライト)

グランドピアノ

ハンマーの形を整えます

ハンマーの固さ(弾力)を調整して音色を整えます


鍵盤の重さを整えます


ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary