ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

出荷調整(プレップ・アップ)の重要性について

出荷調整(プレップ・アップ)は一般には馴染みがない言葉だと思いますが、ピアノが完成後、お客様宅に納品する前にメーカーまたは販売店が行う調整(整調・調律・整音)作業のことです。

ピアノメーカーの最終検査内容は、私が調べた限りでは国産メーカーでも調律と塗装の不具合や雑音はチェックしていますが、メカニズムの整調(調整)はほとんどやっていません。

たとえば私が現場の技術者から直接聞いた話ですが、出荷調整にかける時間はヤマハの工場では普通のグランドで2時間半、高級グランドで8時間だそうです。これでは本来の調整をやる時間はありません。

ピアノは鍵盤を通じてリモートコントロールで打弦する楽器なので、出荷調整には手間(新品で3日、中古品ならその倍)はかかりますが、調律師の手で鍵盤やアクション、ダンパー等の木材とフェルト類の歪みや伸縮の修正と細かい擦り合わせ調整が必要です、これを出荷調整と呼んでいます。

今どきこんなに手間がかかる製品(楽器)は他に例がないので、出荷調整の重要性についてメーカーの経営幹部は勿論、ピアノ販売店のオーナーも出荷調整の重要性を十分に理解されていません。

ピアノは新品であれ中古品であれ(中古品は特に時間をかけて)丁寧に出荷調整を行った上で納品し、納入後のメンテナンスも約半日かけて、調律を含めた全体の微調整を行って初めて快適なピアノ演奏を楽しむことができます。



全ての基礎になる鍵盤調整のシーン、鍵盤調整だけでも新品で1日の作業時間になります。
これだけでも弾き易いピアのになることがご想像頂けると思います。


納品前に丁寧な出荷調整が必要な訳は?

ピアノは鍵盤を通じてリモートコントロールで打弦する仕組みですが、材料も木材を主体にフェルトやクロス、金属のピンが微妙にリンクしているので、それらの伸縮や歪みを修正と擦り合わせ調整が必要な楽器なので、この作業は調律師が行う作業ですが、やるとやらないでは同じピアノでも性能が大きく異なりります。

大変な手間がかかるので、今では1千万円クラスのスタインウェイのメーカーでも出荷調整が5時間に制限されているほどですから、まして他のピアノはそれ以下の作業時間になっています。

メーカーの姿勢がそうであれば、足らずは販売店で行うしかないのですが、ほとんどの販売店ではメーカーから仕入れたものをそのまま納品して調律をして完了、以降のメンテナンスでも調律だけで済まされています。

そのような背景があるので、高級ピアノを含めて世の中の大半のピアノは、新品でも持てる性能の70%位しか発揮していませんし、それが古くなると、ますます音色も悪く弾き難いピアノになっていきます。

皆様には出荷調整の重要性を弊社のHPからぜひ知って頂きたいと願っています。

丁寧な出荷調整(納品前の調整)で本当のピアノの性能が決まります!


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取