ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

整調・調律・整音ができる調律師を育てるのは難しい

7月3日の日本経済新聞1面のデジタル人材優遇の記事



YOU TUBEでもご案内しています

AIとかコンピューターのプロミングが出来るデジタル人材には初任給を2割アップして年収も勤続数年で高額支給するという内容の記事が日経新聞の1面に大きく掲載されていました。

逆に究極のアナログ人材一つがピアノの調律師ではないかと、筆者はこの記事を読んでとっさに思いました。

一人前のカンナがけが出来るまでに10年かかると云われる宮大工ですが調律師も同様です、グランドピアノの整調・調律・整音がきちんとできるようになるには、やはり10年近くの下積み期間が必要のように思います。

しかしながらアナログ人材の代表の調律師は、本来は修業期間でも給与の保証が必要ですから雇う方も相当な負担になります。

ですから浜松にあるヤマハ、カワイの調律学校は期間1年で卒業、年間の授業料も全寮制で400万円ほどと高額ですが、1年で調律だけを覚えてところで卒業して、一人前としてすぐに外回りの有料調律に回っていますので実際の下積の研修期間はありません。

しかしアナログの技術(ピアノの整調・調律・整音)は研修で身に付くものではなく、何年もの基礎訓練を積み重ねるしか体得できないので極めて効率が悪いので浜松のピアノメーカーも若くて優秀な調律師を育てていくという気持ちがないようです。

仮にメーカーに育てる気持ちがあっても、大概の若い人は長い修業期間を嫌がってすぐに辞めていくので、余程、音楽やピアノという楽器が好きで、地味な精密調整も好んでやるような人でないとこれからの調律師には向かないようにも思います。

一番の問題は、アナログピアノは、いかに高級ピアノでも優秀な調律師の技術と情熱がないと本来の性能を発揮しないということを、ヤマハ、カワイもさらに高級ピアノのスタインウェイさえも経営者が良く理解してないとしか思えません。



弊社独自の出荷調整を動画でご紹介していますので、ぜひご覧ください。


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

 無料資料の詳しいご案内はこちらから



 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary