ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノと調律師の関係を知れば、もっとピアノがわかる

高級ピアノであればあるほど自然素材が多くメカニズムの構成部材に必ず伸縮や歪みが出るので、これらの修正と擦り合わせ調整をして、最終的に音色やタッチを演奏者好みに仕上げてくれる調律師が必要です。

弦楽器は演奏者の指で直接演奏するので条件が違いますが、ピアノの場合は、いかな名器を名演奏者が演奏しても整調・調律・整音が不十分ならば、特にクラシックの場合は聴くに堪えない演奏になるのは間違いありません。

専属調律師のお話

ピアノにはそのような事情があるので、私の知るところでは、故、中村紘子さんは、自宅のピアノはもちろん全国ツアーには、調律師の故、鶴田昭弘氏と契約してましたし、内田光子さんが来日された時やブーニンはファツィオリ・ジャパンの越智氏を指名されていました。

多くのホールはスタインウェイなので地元の調律師で十分と思われるかも知れませんが、同じスタインウェイでも音色やタッチの特性は調整や整音次第なので、全国ツアーをするようなピアニストは、演奏者の好みを理解してそれを正確に具現化してくれる調律師と専属契約を結ぶピアニストもおられます。

NHKの「もう一つのショパンコンクール」で裏方である調律師の苦労が取り上げられていましたが、個々のピアノの性能を演奏者が満足する性能特性を引き出すのは調律師次第のように思います。



そのような事情からブランドイメージと価格だけでピアノを選んでも満足のいくピアノを見つけるのは難しいという話ですが、そのあたりがピアノ選びの問題点ではないでしょうか。

性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取