ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

出荷調整(プレップ・アップ)と保守点検という言葉と概念

筆者が出荷調整(プレップ・アップ)や保守点検という言葉を知ったのは、スタインウェイ・ジャパンと取引を始めてから知った言葉で、それまでそのような概念はなく、ピアノは調律したらメンテナンスは完了という概念でした。

スタインウェイ社の出荷調整風景


スタインウェイのホールの保守点検風景


スタインウェイのホールの保守点検風景


①なぜ新品のピアノなのに納品前に3日間もかけて出荷調整をするのか?

②ホールのピアノはコンサートごとに調律をするのに、なぜ年に一度、2日間かけて調整するのか?

最初は高価なスタインウェイだからか?と思いましたが、ピアノの基本構造は同じなので国産ピアノ、安価なピアノ、中古ピアノ、いかなるピアノであれ同様のことを行えば性能が大幅に向上することがわかりました。

問題はかなりのコストアップになること

一千万クラスのピアノならば出荷調整のコスト(15万円~20万円)は、品代の1~2%ですが、100万円のピアノだと出荷調整のコストが品代の15%~20%、50万円の中古ピアノだと品代の30%~40%になるのでコスト的にも困難です。

弊社では高額なスタインウェイと同様の出荷調整とメンテナンスを行っています

一旦、出荷調整の効果を知ると、安価なピアノでも調整の手を抜くことが出来なくなり、弊社の場合は中古ピアノを含め納品する全てのピアノに丁寧な出荷調整をしてからお届けしています。

弊社店頭での出荷調整風景


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary