ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

コンクールをめざす方へのアドバイス

コンクールに合わせて練習するにはヤマハとカワイ、あるいはどこのピアノが良いのでしょうか?というご質問をいただきます。

コンクールの多くはスタインウェイのフルコンサートピアノで行われることが多いのですが、大概のホールでは、普段の調律とは別に1年に一度、保守点検と称して2日かけて調整が行われています。

2日間の保守点検(丁寧な調整)で初めてタッチも軽くて表現力豊かな演奏ができる状態が維持されます。表現力豊かなピアノというのは、大きな音も力まなくて出せて、小さな音も粒が揃って綺麗に出せ、歌うように弾くことができるピアノのことです。

ホールのスタインウェイの保守点検の風景


ホールのスタインウェイの保守点検の風景


ファツィオリの調整風景、国際コンクールの会場にて


ところが日頃練習するピアノが調整不良ならば(大概のピアノがそうです)タッチも重く、大きな音を出すために力を入れて叩き、小さな音も綺麗に出すことができないので、どうしても力んだ演奏になっています。

普段、調整不良のピアノの演奏に慣れていると、いざ本番で良く調整されたピアノを弾くと、良くいえば力強い演奏なのですが、悪くいえば荒っぽい演奏になり表現力が劣った演奏になるので、審査員の評価も低いものになります。

ですからコンクールをめざす方(目指さない人も)は、ピアノ自体はヤマハでもカワイでもその他どこのピアノでも良いのですが、絶対条件として丁寧に調整されたピアノで日頃から練習することが重要であり、音色の好き嫌いはその次のことです

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary