ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの生産国表示の曖昧な業界ルール

今の日本や欧米では既に新規のピアノ需要は少なく、最近は中国が世界最大のピアノ市場になっています。

なぜピアノを中国で生産、或いは委託生産されるのか?

日欧米でピアノを製造して中国へ輸出すると35%の高額な関税等がかかるので(逆に日本へのピアノ輸入は関税がゼロ)中国国内でピアノを生産して中国で販売、さらに中国から世界にピアノを輸出するようになっています。

最終調整をした国を生産国表示するというピアノ業界のルール

業界用語でファースト・ライン、セカンド・ライン、サード・ラインという言葉がありますが、これの意味は本国で全て製造されたものがファースト・ライン、他国で委託生産してから本国で最終仕上げしたものがセカンド・ライン、全て他国で委託生産されたものがサード・ラインという意味でよく使われます。

本来の意味での日本製、ドイツ製はファースト・ラインですが、今ではヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも多くがセカンド・ラインかサード・ラインで製造されており、今ではファースト・ラインは一部の高級ブランドか高級品に限られます。

最近のメーカーの生産事情

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary