ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

長く調律をしてないピアノは手間がかかります

長くピアノを弾かない場合は必ずしも毎年調律をする必要はありません。

弦楽器が弾かない時に弦を緩めるのと同様に、ピアノ(響板)に負担をかけない(休ませる)という意味ではむしろ調律をしない方が良いとも云えます。

しかしあまり長く調律をしないと不規則に音程が下がってきますので、演奏を再開する時には安定した本来の音程まで戻すためにはかなりの手間がかかります。

 

>>ピアノの調律と温度の関係


ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取