ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整の基本、ベッティング・スクリューのお話

もしピアノが快適でないなら、ここが原因かも知れません。

グランドピアノの調整に入る前に、最初に土台になる棚板と筬(おさ、鍵盤とアクションを乗せている)の無駄な隙間の有無をチェツクして無駄な隙間を無くするための調整が必要ですが、無駄な隙間をなくすべくベッティング・スクリューで調整します。

無駄な隙間があれば鍵盤を叩いても隙間がクッションになりエネルギーロスとなり、演奏者が思ったような音を出すのが困難になります。

ピアノ本体側に見える部分を棚板と呼び、この棚板の上に鍵盤やアクションを載せた筬が載りますが、まずは両者の隙間をベッティングスクリューで適正に修正する必要があります。


写真の下部、鍵盤とアクションを載せている筬ですが、この筬がソフトペダル(左側)を踏むと筬ごと右にスライドする構造になっています。

この棚板と筬の間が、室内の湿度や温度の変化で、どこかに余分な隙間が出来きて力のロスが生じ、叩く力が上手く伝わらなくなります。

図の中央のネジ(ベッティング・スクリュー)で棚板と筬の隙間を調整します。



ベッティング・スクリューの写真

ベッティング・スクリューの反対側、棚板に接するボタンの写真ですが、これの出方をベッティング・スクリューで調整します。

筬を下からみた写真、何か所か上の金属のボタン状のものが見えますが、これを支点に筬が棚板の上を移動します。

この調整作業はグランドピアノの最初に行うべき基本的な作業(土台)ですので、定期調律時にも、毎回最初に必ずチェックする必要があります。

これが調整されてないと鍵盤を叩いた時に力が上手く伝わらず底なし沼?みたいな感じのタッチになる箇所が出てきます。

ピアノの調整とメンテナンス

YOU TUBEで分かり易くご説明しています(約25分)
ピアノの調律とメンテナンスについての詳しい解説


 
無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取