ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最近のピアノの運送事情

難易度の高いグランドピアノの道路からの吊り上げ搬入作業。
スタインウェイ搬入時に、福岡市にて撮影

弊社がいつも利用しているピアノの運送会社さんを取材、最近のピアノ運送業界の実態がよくわかりました。

ピアノ運送会社の倉庫ですが、ピアノは倉庫の隅に少しあるだけで多くはコピー機や精密事務機械です。


最近のピアノ運送会社は名称こそピアノ運送ですが、今やピアノ運送部門の売り上げは全体の2割位なのだそうで、多くは一般では輸送が難しい大型家電品やコピー機、精密事務機のようです。

ちなみに新品ピアノの配送の流れは、基本的に浜松が拠点になりますので、浜松から路線便と呼ばれるワンマンの乗り合いトラック(ピアノだけの混載)が以前は週1回程度、南は鹿児島、北は東京以北まで出ていてましたが、最近は出荷が少なく2週間に一度位のペースになっています。

しかも原則として高速道路は使わず、一般道を利用、依頼に応じて各地の運送会社の倉庫に順番に下ろしていくようになっていますので、これを利用すると遠距離でも結構安価なのですが最近は値上がりしています。

運送業者の話では、運転者の募集をしても人が来ないので給与も上げる必要があるので最近は運送費も高くなってきています。

海外からの新品ピアノは、このようなメーカーで規格化された段ボールに入って日本に入荷します。

浜松に船便のコンテナで 入荷したペトロフピアノ。

 
スタインウェイの倉庫にて


お薦めブランド



 
無料資料の詳しいご案内はこちらから
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取