ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

もう一つのピアノ選びの観点

都内港区ファツィオリ・ジャパンにて代表のアレック・ワイル氏と筆者


ブランドイメージとご予算に応じて新品や中古品のご購入を検討される方が一般的ではないかと思いますが、ここでは少し別の観点をご提案したいと思います。

ピアノの場合は基本設計がどれも同じなので、興味がない人にはどれも同じように聴こえるようですし、演奏が得意でない方にとっては良し悪し、好き嫌いの判断が非常に難しいのが現状ではないかと思います。

ピアノ選びのもう一つの観点(コストパフォーマンスが高い)

もう一つのピアノの選びの観点ですが、現在のトップの哲学や組織の体質から、ピアノ選びを考えるという観点があります、これの利点はブランド料が上乗せされてない分、品質に対するコストパフォーマンスが非常に高いことにあります。

チェコから弊社に来店いただいたペトロフ家5代目のヘトロフ社の社長(スザンヌ・ペトロフさん、写真右奥)近所のうどん店にて

%e3%81%8a%e7%ae%b8%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%86%e3%83%9a%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%95%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%80%80%e5%b2%a1%e5%b1%b1%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%e5%b1%8b%e3%81%ab%e3%81%a6

たとえばイタリアの高級ピアノのファツィオリピアノは、創業者のパオロ・ファチィオリさんが「スタインウェイより弾き手のためのピアノを!」ということで立ち上げ、現在も創業者がトップのピアノメーカーですし、ペトロフピアノはヨーロッパの老舗メーカーですが、創業家一族の5代目のスザンナ・ペトロフさんが現在社長で、今では台数ベースではヨーロッパ最大のメーカーになっています。

このように創業者やトップの顔が見えるピアノメーカーは、今では極めて少数ですが、トップの哲学(顔)が製品の品質にも大きく反映されるという意味でとても重要ですので、ピアノ選びはトップの顔を見ることも、ピアノ選びの大きな判断基準になるのではと思います。

弊社のお薦めブランドもご参照下さい

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取