ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ホールオーナーさんが見落としていること

大概のホールオーナーさんが見落されていることがメンテナンス費用です。

特にプライベートホールのオーナーさんは大概、お気に入りのピアニストを自身のホールに招聘して、みんなでプロの演奏を楽しむことを期待されています。

しかしピアニストへのギャラは当然頭にあるのですが、肝心のピアノはコンサートごとの調律は当然ですが、プロが演奏して聴衆にも演奏を楽しんでもらおうとすると、コンサートごとに事前の調律と同時に調整や整音も必要になります。

例えば(故)中村紘子さんのコンサートの場合、専属の調律師が前日に会場入りして1日かけて調整・調律・整音を施し、コンサート当日は、午前中の指馴らし終了後、再び調整・調律・整音を施し、本番にもアクシデントのために専属調律師が立ち合いますので、演奏者のギャラ以外にもそれなりの費用が発生します。

浜松ピアノ店3Fホールでのコンサート風景

毎月、調整・調律・整音します

毎月、調整・調律・整音します

毎月、調整・調律・整音します


 

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取