ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

知っておきたい生産国表示のルール

業界用語でファースト・ライン、セカンド・ライン、サード・ラインという言葉があります。

この意味は本国で全て製造されたものがファースト・ライン、他国で半分を委託生産、本国で最終仕上げしたものがセカンド・ライン、全て他国で委託生産されたものがサード・ラインという意味でよく使われます。

年産120台の最高級ピアノ イタリアのファツィオリのフルコンサートピアノ
輸入元 港区のピアノフォルティにて

本来の意味での日本製、ドイツ製はファースト・ラインですが、今ではヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも、その多くがセカンド・ラインかサード・ラインで製造されており、今ではファースト・ラインは一部の高級ブランド(スタインウェイ、ファツィオリ、ペトロフ等)か高級品に限られ価格も高額になります。

チェコの名門ペトロフピアノ 山梨県のログハウスにて、お客様撮影

!cid_80001244-4074-410C-AED6-A927D6E081A6


たとえばペトロフ社の場合は、ペトロフ以外のブランドを3っ持っており、ペトロフブランドがファースト・ライン、他のブランドは中国でセカンド・ラインかサード・ラインで生産されています。

スタインウェイ社の場合も、ファースト・ラインがスタインウェイ(ドイツまたはアメリカ)、サード・ラインがボストン(日本)、エセックス(中国)という風にブランドにより生産国が明確になっています。

ピアノの場合は最終組み立てをした国を生産国とする業界ルールがありますので、矛盾していますがファースト・ラインに加えセカンド・ラインまでが、日本製、ドイツ製等の表示がされています。

今、国産のヤマハ、カワイの納期が長く不安定になっているのも、中国のゼロコロナで上海がロックダウンされているからだと思います。

中国のハイルーン社で委託生産される
オーストリアの名門、ウェンドル&ラングピアノ        ウィーン学友ホールにて
ウィーン学友ホール

オーストリアではなく中国で委託生産するお蔭で、本来のファースト・ラインの三分の一ほどの価格で購入できるのが魅力です。ちなみにハイルーン社は中国で№3の規模の会社で、主にヨーロッパメーカーの委託工場として有名ですが、№1は国営企業のパルーリバー、№2は杭州ヤマハとなっています。

よくある質問

お薦めブランド 

スタインウェイ  ファツィオリ   ペトロフ
ウェンドル&ラング

ピアノの性能を大切にお考えの方に下記資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取