ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

「ストラディバリウスは現代の楽器と大差ない」という結論が出たそうです!

時価数億円と云われる300年前のストラディバリウスの名器と現代の名器を科学的に比較した結果、音色や響き、弾き易さ等の性能には大差ないという結論になったようです。

「現代の楽器と大差なし」と判断された貴重な楽器が持つ本当の価値とは



以前、NHKでイタリアのクレモナでのヴァイオリン作りやヴァイオリンという楽器自体のコンクール(楽器の出来を競うもの)の番組を見たことがあります。

ピアノと違い構造がシンプルな弦楽器は、シンプルなだけに材料やその仕上げが大変なように思いましたが、今回の実験で、単に古いから音色や響き等の性能が良いということはないというのは、十分納得のいくものです。

ところで弦楽器は構造がシンプルなので古くても問題が少ないと思いますが、ピアノは構造が複雑で接着面が無数にあるので、あまり古いピアノは管理やメンテナンスにたいへんな面があります。

ただアンティークなヴァイオリンも、そしてピアノもですが、最近の実験で明らかになったように古いから名器ということではないのですが、昔の人も今と同じ音色と響きを聴いていたのかと思うと、そこにある種の懐かしさと魅力を感じます。

ピアノの寿命は?

 

 

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取