ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヨーロッパ製ピアノは日本での使用は不向きか?

確かに日本の夏場の高温多湿はピアノには好ましくなく、これはヨーロッパ製、日本製、中国製に関係なく高級なピアノ(デリケート)ほど、無垢の木材を多く使用するので温度、湿度の変化の影響が強く出ます。

ヨーロッパ製ピアノの展示が多い浜松ピアノ店 ショールーム


たとえ国産のピアノでも木材は全て輸入材ですし、輸入、国産を問わず高級なピアノほど自然素材(無垢材等)を多く使うので温度や湿度といった環境の変化には敏感です。

しかし高級なピアノは使用木材も屋外で数年の自然乾燥を経て使われますが、量産ピアノは、工場内で短時間で人工乾燥した木材(響板等)が使われるので、木材の細胞を痛めて楽器の命である響板の寿命も縮めることになります。

屋外で数年自然乾燥されてから使用される木材(ペトロフの工場にて)

無垢材をつかったペトロフの鍵盤蓋(ペトロフの工場にて)

また最近はアクション内部のムービングパーツに、従来の木の替わりに、木より軽く鉄より堅いカーボンファイバー(炭素繊維)を使ったものがありますが、これは軽くて歪みがなく均一な形状で合理的ですが、堅過ぎて木のように適度なたわみがないのでタッチに違和感が生じます。

カーボンとクロス(赤色部分)を使ったカワイのアクション

昔ながらの木とクロス(赤色部分)を使ったアクション(スタインウェイ)


しかもアクション内部のセンターピン(関節部分)はカーボン(木)とクロス(自然素材)が一体化したデリケートな部分なので、ここがひとたび湿気ると、湿気を吸わないカーボンはクロスだけに湿気が集中するので、一旦湿気ると木に比べ自然復元力が極端に劣ります。

一般的な量産ピアノは工業化に適した伸縮や歪みが少ない積層材等や人工素材を多用して大量生産されるので、均一で安定した品質という意味では良いのですが、天然素材が多い高級ピアノに比べると、音色や響きと云った楽器としての魅力は乏しくなります。

ピアノの選び方とその問題点

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary