ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

目で見る純ヨーロッパ製、日本製、中国製のヨーロッパブランドの違い

ピアノの限らず車でも食品も、相当に付加価値の高いもの(高級品や高性能等で高額なもの)しかメーカー本国で生産しないと採算が取れない時代になってきています。
そのような時代背景のなか、目で見てわかる範囲で、純ヨーロッパ製、日本のヤマハ、カワイ、ヨーロッパのメーカーが中国で委託生産しているピアノの違いをご紹介してみます。

弊社取扱いの純ヨーロッパ製ピアノ ファツィオリ、スタインウェイ、レーニッシュ、ペトロフ

イタリア製

ドイツ製


ドイツ製


チェコ製


日本を代表するブランド ヤマハ


中国で委託生産されているドイツの老舗ブランド フォイリッヒ


ヤマハの鍵盤蓋


ペトロフの鍵盤蓋


ペトロフの支柱


ヤマハの支柱

スタインウェイ


ペトロフ


中国で委託生産されているドイツブランド フォイリッヒ

ヤマハ




ペトロフ


スタインウェイ


ヤマハ

中国で委託生産されているドイツブランド フォイリッヒ

 
ご覧頂くとピアノ作りの哲学が、日本とヨーロッパでは違うということがご理解頂けるかと思います。

お奨めブランド スタインウェイ

お奨めブランド ファツィオリ

お奨めブランド ペトロフ

お奨めブランド レーニッシュ

お奨めブランド フォイリッヒ

ピアノの性能(音色、タッチ、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています
 
 
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary