ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

アコースティックピアノは値段が年々上がります

働き方改革で労働時間の短縮が叫ばれ生産性の向上が必要とされています。

しかしながらアコースティックピアノの生産や管理(メンテナンス)は、大手量産メーカーと云えども今以上の合理化(生産性の向上)は難しいように思います。

現状は中国のように国内の市場規模が大きく人件費の安い国で、合理化された最新の工作機械を導入してピアノ本体や部材の生産、或いは委託生産をしていますが、これ以上安価にアコースティックピアノを生産するのは難しいようです。

たとえば先日、中国で委託生産されている木目グランドの問い合わせをしたところ、中国はPM2.5も大気汚染で、その対策の設備投資をしないと木目のピアノの生産が出来ず、生産がストップしていますという話が出ました。

世の中デジタル技術全盛の時代ですが、アナログ技術の塊のピアノは、たぶん、これ以上の生産性の向上は難しいので、年々値段が上がる宿命のようです。

しかも木を主体にフェルト類も使われているので、調律師の手で伸縮や歪みの修正が必要ですので手間(コスト)がかかります。





さらに時代遅れに見えるアナログ技術ですが、コピーペーストですぐに真似ができるデジタル技術に比べ、アナログ技術は奥が深くて生産性も悪く、また優秀な技術者を育てるには相当な熱意と年月が必要です。

高度なアナログ技術の最たるものがピアノの出荷調整やメンテナンスです。


ピアノはいくら高精度な機械で加工・組み立てしても、最後は調律師の手で一つひとつ伸縮や歪みを丁寧に擦りわせ調整しないと本来の性能は発揮しません。






ピアノの性能は丁寧な出荷調整で決まります

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary