ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノ選びの新しい選択肢のご提案

最近は中国のピアノメーカーが、国際ピアノコンクールにヤマハ、カワイ、スタインウェイ、ファツィオリに並び出展するほどの実力をつけてきました。

そんな背景もあり中国で委託生産されるヨーロッパの老舗ブランドも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

現在は国産メーカーと同様に老舗のヨーロッパメーカーも主に中国で委託生産するようなって、高値だった老舗のヨーロッパブランドが従来の三分の一程度の価格になり、お手頃価格でヨーロッパの老舗ブランドが購入できることが魅力です。

現在、中国は30社以上のピアノメーカーがあると云われていますが、上位3社のピアノ生産台数はパール―リバーが№1、№2が杭州ヤマハですが、№3のハイルーンは主にヨーロッパの老舗ブランドを委託生産しています。

ハイルーン社の広報誌より

ハイルーン社の広報誌より

ドイツの老舗ブランド フォイリッヒ


オーストリアの老舗ブランド ウェンドル&ラング
チッペンデールの凝ったデザインですが総額約150万円で購入できます

足元も含めフル・チッペンデール仕様 椅子はイタリアのディスカチャーチ社製


一度、良く調整されたこれらのピアノを弊社でご試弾頂くと、あらためてその魅力に驚かれると思います。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから





 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary