ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

末永く長く愛せるピアノとは?

1910年製のペトロフピアノ、絵は中村大三郎が大正15年に描いた屏風画で、今でも京都美術館に保存され、今でも京都美術センターで年数回のコンサートに使われています。



 1台のピアノを長く愛用するために大切なこと

車でも傷をつけて板金修理も面倒で高額なのでそのまま乗ることもありますが、これだと乗るたびに嫌な気持ちになり、早く新型に買い替えたい気持ちなります。

ピアノも同じで、いかに高級ピアノであっても部屋の音響も違い、音色やタッチは万人が良いというものは存在せず、他にも気になるところが必ず出てくるので、演奏するたびにピアノへの愛情が薄くなります。

これを気になるところを無くして、さらに自分好みのタッチと音色に仕上げていくと弾くたびに、いわばピアノに恋をして愛しいピアノになります。

調整を理解せず性能は語れない 

出荷調整で音色・タッチ・表現力が大幅に向上します


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから






株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取