ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヨーロッパから空輸でピアノを輸入した場合。

ヨーロッパからの輸入ピアノは普段は船便で輸入しますが、急ぎの場合は航空便で送ってもらうことがあります。これはペトロフP210 Storm(奥行き210㎝、重量410㎏)をチェコのプラハ空港から航空便で送ってもらった時のものです。

チェコ観光で有名なカレル橋からプラハ城を望むショットです。

プラハ空港からアメリカに寄り道して約1週間で関西空港に到着
普段はやらないことなので、特別に厳重な梱包で到着しました。

箱の中は真空梱包でこんな感じです。

普段はダンボールで梱包されコンテナの船便で約1ヶ月半位で静岡の清水港に入ってきて、浜松の流通倉庫で受け取りします。


このサイズのコンテナですとアップライトだけなら15台ほど入りますので、ヨーロッパからの運送費でもアップライト1台1万円ほどです。

これが重さ410㎏、奥行き210㎝のグランドピアノ1台の航空便の運送費がおよそ25万円程になりますが、この場合は出荷の際の梱包が大変です。

倉庫内で組み立ててみました。


このピアノは現在、浜松ピアノの3Fに設置されているピアノですが、410㎏のピアノが飛行機でヨーロッパから運んで来られたと思うと自然に愛しさが湧きます。

お薦めブランド ペトロフ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取