ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

価格比較ドットコムとメーカー、ピアノ店の悩み

浜松ピアノ店 2Fショールーム


本は便利なアマゾンで買い物される方も多いと思いますが、いち消費者としては、ネット上で一番安価な値づけ のものを価格比較して買いものをされることが多いのではないでしょうか。

しかしながら最近は新品のアコスティックピアノまで、ネット上の表示で価格競争になることが多く、お客様の値引き情報が混乱することが多々あります。

生ピアノ(中古品も含む)の場合は他の商品と違い、出荷前と納入後に販売店でどこまで丁寧に手が入れられるか(技術と手間暇)で、販売価格も異なるのが自然です。

その理由は、アコスティックピアノの場合はやろうと思えば、ほぼ無限の調整が必要で、丁寧な調整をやればそれなりのコストはかかりますが、同じピアノであっても大幅に性能(弾き心地や音色)が良くなります。

天然素材の木材やフェルト、皮等を多く使った複雑なメカニズムを持つピアノの場合は、性能を大切に考えるなら、最終的に技術者による丁寧な仕上げ(整調・調律・整音)が不可欠です。

車などはメーカーや車種による違いを誰でも容易に体感できます、ピアノの場合も実際に試弾して違いを体感するのが一番なのですが、ある程度の演奏力がないと調整による性能(音色、タッチ、響き等)の違いを体感頂けることが難しいのが難儀です。

公正取引委員会があり、メ ーカーによる価格コントロールができず、お客様も調整による性能の違いが判らないとなれば、後は価格比較だけという話になることも多いのですが、そのようにして購入されたピアノは、ピアノに慣れて演奏が上達して性能の違いがわかるようになってくると、細かいご不満が増えてくるように思います。

そのような背景からピアノ業界では悪貨が良貨を駆逐するという諺通り、圧倒的な調整不足により本来の性能の半分位しか性能を出せれなくなっているピアノが多いのですが、それに一石を投じたのが、カワイのシゲル・カワイブランドの販売戦略です。

このシゲル・カワイは、他のカワイピアノと違い、基本的にカワイ楽器(メーカー)からお客様が直接購入するルールになっていて、たとえカワイの特約店(弊社)でも値引き交渉ができないようなシステムになっていますので定価販売が原則です。

その代りメーカー自身がしっかり調整してから出荷して、メンテナンスもしっかりとした調整をするようになっています。
 
あくまで私見ですが、他のカワイピアノとシゲル・カワイを比較した時に、シゲル・カワイは響板は上等なものを使用しているという以外は、他のカワイとの明確な違いはないと思います。

シゲル・カワイの一番の特徴は、価格が高い分(値引きがない)、それだけ丁寧な調整とメンテナンスが行われるという違いが一番大きいのですが、そのためピアノ演奏ができる方から、今までのカワイにない高い人気を博しているようです。

逆に云えば、別にシゲル・カワイでなく他のカワイピアノでも、丁寧な調整をすれば、シゲル・カワイ並みのピアノに仕上がるとも云えます。

このあたりのことを皆様に、ぜひご理解いただけたらと願っています。

 問題は大手のカワイ楽器でも、きちんとグランドの調整できる技術者は全国でも極少数で、たとえば岡山にはいなくて、大阪で2名だけだそうです。

ピアノ選び方とその問題点
 
具体的な調整に関しては、弊社の資料でご覧ください。
資料の詳しいご案内はこちらから



当店でピアノ選ぶメリット

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取