ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

NYスタインウェイとハンブルグスタインウェイの弾き比べ

過去のブログより抜粋
130年前に製作されたニューヨーク・スタインウェイと現代のハンブルグ・スタインウェイの店頭弾き較べ会で、130年前のスタインウェイで演奏中の岡山出身の若きピアニスト重利和徳さんです。

この時は同じ曲をそれぞれのピアノで演奏してくれましたので、皆さんにも違いがよくわかりました。


スタインウェイは、皆さんご存知の通り、ドイツ出身のハインリッヒ・エンゲルハート・シュタインヴェックがアメリカに渡り、名前をアメリカ流にヘンリー・スタインウェイと改めて1853年にニューヨークでスタインウェイ&サンズを創設しましたが、日本で有名なハンブルグスタインウェイは、その後の1880年の設立されました。

ですからこの130年前のピアノ(1887年製)は、ニューヨークで製作され、再度、スタインウェイ社自身がニューヨークでリニュアル(再生)したものなので、中のアクションは新品のニューヨーク製に交換されています。

そのような背景がありますので、今回は新旧のスタインウェイの弾き較べという意味と、ニューヨーク製とハンブルグ製の比較という意味でも興味深いものがありました。

画面左側がニューヨーク製、右側がハンブルグ製のアクションです(ピアノも同じ配置です)ともにアクションは新品ですのでニューヨーク製とハンブルグ製と並べて写真を撮ってみました。

NYスタインウェイのアクション
隣のハンブルグ製と比較すると基本構造は同じですが、適切な言葉が見つからないのですが、NY製の方がプリミティブ(素朴?)
で、それはそれで魅力的です。


こちらはハンブルグ製のアクション
こちらの方が全体的に洗練されている印象で、一番の違いはハンマーですが、NYの方は柔らかいハンマーを段々硬くして整えていきハンブルグ製は、硬いものを段々柔らかくして整えていくという音作りの過程が少し違いますが、一般的にはNYの方が特殊になります。


同じスタインウェイでも、日本ではNY製の比べハンブルグ製が高く評価されており、クラシック業界では特にそうです。

黒色の外装もNYは艶消だけで、多くのピアノのように表面が鏡のような黒の艶出しの外装はないですし、ハンマーの表面も何やらざらついた感じです。

またドイツ製とアメリカ製の違いもあって、特に日本人にはドイツ製(ハンブルグ製)が高く評価されています。

しかしながら、スタインウェイは他のヨーロッパの老舗のメーカーと比較すると、どちらかと云うと後発組ですが、アメリカの地で独自に大きく改良、発展したピアノです。

その大きく変化改良されたスタインウェイが、今、我々が知っている現代のピアノの基(内部の弦を交差させて丸くカーブした外装等)になりました。

またハンブルグ工場の開設は1980年ですが、聞くとこによると1920年頃までは、ニューヨークで作った部材をドイツに送り、それをドイツで組み立てていたいうような話も聞いたことがあります。

その後、ハンブルグ製は独自で進化して行った過程がありますので、今では同じスタインウェイでも、基本は同じピアノでも、NY製とハンブルグ製では少し違いがありますが、本家はやはりニューヨークということになります。

今回、改めてニューヨーク製とハンブルグ製を並べて比較したわけで、日本ではあまり馴染みのないニューヨーク製スタインウェイですが、何となく人間ぽいというか、前述のプリミティブな魅力を感じました。

余談ですが、販売面ではヨーロッパやアジアはハンブルグ製を、南北アメリカはニューヨーク製をというように住み分けをメーカーの方がしていますので、そのようなメーカーの事情もあいまって日本ではハンブルグ製をということのようです。

お薦めブランド スタインウェイ

最近のスタインウェイの良きライバル
お薦めブランド ファツィオリ






株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取