ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの下取り価格と買取り価格の金額の違いは?

浜松ピアノ店 2Fショールーム


買取り価格と下取り価格は、同じピアノを手放すにしても多少の価格差がありますが、その違いをご存知でしょうか?

最近はピアノの買取り広告の方をよく見ますが、これは電話で買取り価格(買取り見積り)を聞いた場合が買い取り価格です。
これに比べて相対的に価格が高いのが下取り価格になります。

 その理由は、下取り価格は、新規購入されるピアノの値引き勘定も多少は入るので、ジャパネット高田さんほどではないにしろ、買取り価格より下取り価格が高めになります。

さらに新規購入のピアノが高額であった場合は、下取り価格はそれに準じて高くなる傾向があります。

ピアノフォルティ(ファチィオリ輸入元)のショールーム
下限のピアノ代金が1千万円になるファツィオリピアノ


 実際には新しく購入いただくということで、感謝の気持ちを込めて、通常の買い取り価格よりは多少なりとも高額で下取りしてくれる場合が多いように思いますし、下取り品が人気のピアノの場合は、さら下取り価格も高くとってくれると思います。

ところでジャパネット高田さんがテレビ通販でよくやっている特別値引き価格とは別に、不要のどんなテレビでも、今なら2万円で下取りします、というのがありますが、これは単なる値引きですが、よりお得感を出すための演出だろうと思います。

 ピアノの場合は、古い無名のピアノ以外は、最低でもいくらかの価格がつくのが普通ですし、さらに国内で再販が期待できる人気のピアノなら下取り価格はさらに高くなる可能性があります。

なので、もし新規にピアノを購入されるなら、買取り業者に不要ピアノを買取ってもらうより販売店に下取りピアノとして出した方が、幾分かは有利になる可能性が高いというお話です。

浜松ピアノ店ショールームのご案内

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取