ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

人は感心を持ったものに意識が拡大していきます。

チェコ・プラハのカレル橋にて


人は何事においても好きなものに意識が行きますが、それを続けていると徐々に意識が拡大してきて、以前は見えなかったものや聞こえなかったもの(気がつかなかったもの)を敏感に感じてくるようです。

これがピアノの場合では、ピアノの音色や響きが好きな方は、ご自身の弾くピアノの音色を日頃から良く聴かれているので(意識が集中)逆にピアノから出る雑音や音色の不揃い等も気になってきます。

よくある例としては、お気に入りのピアノを購入しても、ご自宅の静かな環境で心穏やかにピアノを弾いていると、今まで気がつかなった雑音や音色や響き、タッチ、その他、様々な気になるところが出てきます。

ピアノは部屋の空調や音響等の違いもあり、試弾の時のイメージと違ってきますので、納入調整やその後のメンテナンスで、雑音も含め、よりお好みのタッチや音色に仕上げていきますので、既製品ではありますが、その意味でイージーオーダーの楽器だと考えています。
 
既に長年お使いのピアノの場合は、気になるところが出てきたら、一度、時間をかけて丁寧な整調と整音をしてもらえば、ずいぶん気持ちが良いピアノになると思います。

ピアノの調律とメンテナンス
 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取