ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノに資産価値はあるのか?

ピアノに資産価値があるか?というご質問を頂くことがありますが、(故)ジョンレノンのような有名人が愛用していたというようなピアノを除けば、資産価値はないのではないでしょうか。

ただ昔のピアノは、その当時に思いを馳せることができるので懐かしいという意味で、下記にご紹介するピアノはアンティークなピアノファンに人気があります。

 スタインウェイのスクエアピアノ
19世紀末頃にスタインウェイ社が世に問う意味で開発したスクエアピアノ、練馬区立美術館に同じものがあります。

クララ・シューマンが愛用されたと云われる1877年製のグロトリアン・スタインヴェック(劉生容記念 館)ですが、筆者の身近にもこのピアノでシューマンの曲を弾いてみたい方も多いです。

1906年製のプレイエル
プレイエルはショパンが愛したブランドとして有名です。

京都芸術センターの1918年製ぺトロフ(補修されて現役)


古いピアノ、たとえばニューヨーク・スタインウェイのグランドで100年落ちというピアノの場合、業者相場では50~60万円で流通していますが、これに業者がお金をかけてオーバーホールをすると小売価格は数百万円になりますが、元の持ち主の手元には恐らく数十万円ほどしか残らないと思います。

ただヨーロッパ製ピアノ等は、ヤマハ・カワイに比べると絶対販売台数が少なく希少価値があり、元々が高価なので安価な中古品の希望者も多く、よくある国産ブランドに比べて有利な条件で手離すことはできますが、不動産のように資産価値があるようには思えません。

中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの寿命

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary