ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

どんなピアノを選んだら良いか?

良く調整されたピアノが絶対条件です

どのメーカーのピアノが良いか?というご質問を頂くことが多いのですがメーカー選びの前に、いかなるピアノであれ先ずは丁寧に調整されたかピアノということの方が重要で少し弾いてみれば誰でも調整の有無の違いを体感できます。

高級ピアノ≠表現力豊かなピアノ

中古、新品、有名、無名、高級、安価、どんなピアノを選んでも良いのですが、複雑なメカニズムを持つピアノという楽器は、いかに高級ピアノでも調整不足であれば弾き難く大きな音や特にピアニシモが出し難くく表現力が劣るピアノになります。

>特にまだ筋肉が十分に発達していないお子様が演奏するには全く不適当です。

>調整を理解せずピアノの性能は語れない

ピアノは、鍵盤を通じてリモートコントロールで打弦する仕組みなので、最初に調律師の手でこのメカニズムの歪みの修正と擦りわせが必要ですが、丁寧な調整には新品でも3日、中古品なら1週間程度の作業時間が必要です。

大半のピアノの調整が省かれています

コスト的に新品でも15~20万円(中古品ならその倍以上)かかる計算になるので、一部の輸入高級ピアノを除けばほとんどのピアノの調整が省かれていますし単価の安い中古品なら尚更です。

しかも一旦、納品してからお客様宅で一連の調整を行うことは、現実には不可能に近くコストも高くなります。

弊社の場合は、3日間連続で出荷調整の作業をやるには無理があるので、調律師の空いた時間を利用して店頭で1台1台出荷調整を行っていますので、作業に新品でも1週間位はかかっています。







>ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

>無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取