ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップを知るとピアノ選びの観点も変わる

あらゆる会社はトップで決まると云われていますが、ピアノの選びを考える時も、できれば信頼があり、トップの哲学に共感できるトップがいるピアノメーカーが望ましいように思います。

トップ(社長)の哲学で会社の性格が決まりますが、会社の製品であるピアノもトップの哲学と同じような性格(特性)を持ったものになる傾向があります。

ピアノ業界をみるとカワイ楽器の社長は創業者親族の河合弘隆氏、ヤマハの中田卓也社長はヤリ手のサラリーマン社長のように見えます。



スタインウェイ社の場合は、創業家のスタインウェイ一族はすでになく、その後、経営者はいろいろ変わりましたが、現在のトップはジョン・ポールソン氏というアメリカの有名な投資家で、「お金持ちにスタインウェイを売りなさい」が基本戦略で、今はピアノが弾けない中国のお金持ちにスタインウェイの自動演奏ピアノが人気のようです。



私見ですが海外のお薦めのピアノメーカーのトップを二人ご紹介したいと思います。

イタリアの年産130台ほどの少量生産で、最高級のピアノのファツィオリ


今やファツィオリピアノは国際ピアノコンクールにも必ず登場してスタインウェイの強力なライバルになっています。

ファツィオリピアノの歴史はまだ浅い故に、現役のファツィオリピアノの創業者オーナーのパオロ・ファツィオリ氏

演奏者にとって最高のピアノを作るというのが彼の信条です


チェコを代表するぺトロフピアノ

歴代、創業者の一族がトップで今ではヨーロッパ最大のピアノメーカーになりましたが、第二次大戦の歴史的背景からドイツに強いライバル心を持たれているようです。

ぺトロフ社の創業者で5代目社長のスザンヌ・ペトロフ氏


お薦めブランド ファツィオリピアノ

お薦めブランド ペトロフピアノ


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary