ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

№2調整してからご試弾頂くのが大きな特徴です

新品ピアノでも調整と整音が省かれたピアノは、本来の性能を発揮しないので試弾の意味がありません。

ちなみに出荷調整(納品前の調整)も同じ作業内容になります。


展示用ディアパソンの調整の続き弦合わせ調整をしています。

 

 

ハンマーの間隔や動きを揃え、ハンマーが弦の最適な位置に当たるように調整するのが弦合わせ調整です。

 

ハンマー走り調整

 

弦合わせ調整

 

次はハンマーと鍵盤の奥にある黄色い部品(バックチェック)の噛み合わせの調整です。

バックチェック合わせ調整


続いて、ハンマーを支える棒(シャンク)の下にあるサポートという部品が真下にくるように調整するサポート合わせ調整です。

これは野球のバットやテニスのラケットの芯(中心)にあてることで、少ない力で無駄なく飛ばすようなもので、サポートの左右のズレを修正しハンマーの真下に持ってくることで鍵盤からのパワーをもれなくハンマーに伝えることができます。


サポート合わせ調整


№3、ジャック調整の前後と高さの調整に続きます


まだまだやるべきことがたくさんありますが、少しずつの作業なので調整が完成するまでご試弾はできません。

>>>お薦めブランド ディアパソン

>>>ピアノの出荷調整の必要性


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取