ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヨーロッパ製ピアノは日本での使用は不向きか?

ヨーロッパ製ピアノは湿度の高い日本で使用するのは不向きである旨を店員さんから説明を受けたが本当でしょうか?というご質問をよく受けます。

浜松ピアノ店1Fショールームの風景
%e7%94%bb%e5%83%8f-646
  
  ピアノを湿度の高い日本でピアノを使用するのは管理が大変という意味では当っていますが、これはヨーロッパ製でも日本製でも、ピアノの内部には木材やフェルトを使っており、その意味で湿度に強いピアノというはないということになります。

木材も戦後、日本が貧しかったころは北海道のエゾ松を使用したことがあったようですが、今では日本でピアノに使用する木材は全部、輸入材になっていますで、その意味では世界的には皆同じということになります。

ただ安価なピアノは、均一な素材という意味で機械化に有利で安価なパーティクルボードや合板等の人工的に加工した木材を多用しますので、特に外装の歪みや捻じれが少ないという意味では当っていると思います。

ピアノではスプルース、カエデ、ブナ等様々な木材が使われています、特に音響に重要な響板や響棒は音響特性に優れたスプルースが使われいますが機能に応じて最も適した特質をもつ木材が適材適所に使用されています。

ところで昔のピアノは、木材を屋外で数年の天然乾燥を経てピアノに使用されるのが日本でも当たり前でしたが、近年は合理化のために室内で短時間で強制的に人工乾燥されるようになったようで、それだと折角良い木材を使用しても木の細胞を痛めると云われています。

屋外で十分に天然乾燥された木材(ペトロフの工場にて筆者撮影)
img_0236


グランドピアノの支柱(ペトロフの工場にて筆者撮影)
p1050844-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

音響に重要な響板と響棒(ペトロフの工場にて筆者撮影)
p1050843

無垢材が使われている鍵盤蓋(ペトロフの工場にて筆者撮影)
img_0261

さらに高級(上質)なピアノほど無垢材の使用が多くなりますので、湿気には敏感になりますし、最近はアクション内部のムービングパーツに、従来の木の替わりに、木より軽く鉄より堅いカーボンファイバー(炭素繊維)を使ったものもがありますが、これは軽くて歪みがなく均一な形状で合理的ですが、堅過ぎて木のように適度なたわみがないのでタッチに違和感が生じます。

しかもアクション内部のセンターピン(関節部分)はカーボン(木)とフェルトが一体化したデリケートな部分なので、ここがひとたび湿気ると、自然素材は自然回復力がありますが、木と違い湿気を吸わないカーボンは内部のクロスだけに湿気が集中し、一旦湿気ると木に比べ自然復元力が極端に劣り厄介です。

センターピンを赤いクロスで巻いた関節部分。
ここが湿気るとスティックになります。
img_7183

このように一般的な量産ピアノは工業化に適した伸縮や歪みが少ないパーティクルボードや積層材等や人工素材を多用して大量生産されるので、均一で安定した品質という意味では良いのですが、天然素材が多い高級ピアノに比べると、音色や響きと云った楽器としての魅力は乏しくなります。

ピアノの寿命は?

ピアノの選び方とその問題点

お薦めブランド ペトロフ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取