ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノのブランドと創業者の関係

国際コンクールでも話題のイタリアの最高級ピアノメーカー、ファツィオリピアノの創業者、パオロ・ファツィオリさんと筆者

フェイスブックにもよく登場するファツィオリ社長、創業者が現役のピアノメーカーは珍しく、写真からもパオロ・ファツィオリさんのピアノ作りに対する熱意が伝わってきます。



世界には今でもたくさんのブランドのピアノがあり選択に迷いますが、ブランド選びの判断基準の一つに、トップ(社長)の顔が見えるブランド選びという考え方があります。

トランプさんが大統領になって世界は大騒ぎですが、それほどにトップの影響(権力)は大きく、これはピアノメーカーでも同じことが云えます。

車であれば今はトヨタの豊田彰男社長、スズキの鈴木修会長の顔を良く目にしますし、創業者なら故・松下幸之助、故・本田宗一郎が有名ですが、これが消費者の信用や安心につながります、トランプさんのような例もありますが。

日本のピアノ業界では、シゲル・カワイ(故・河合滋氏はカワイ楽器の2代目社長、現在は息子さんの河合弘隆)という新しいブランドで売り出していますが、それなりに信頼感が生まれます。

それが創業が150年前前後と歴史の長いヨーロッパのピアノメーカーになると、もう創業者一族や既にその実体がないものが大半で、ほとんどがブランド名だけが辛うじて残っているのが実情です。

有名なところではスタインウェイがありますが、既にスタインウェイ一族はなく、今のスタインウェイのCEOはアメリカの有名な投資家です。

現在でも創業者一族が経営するペトロフピアノ、現在の社長はスザンヌ・ペトロフさんで5代目になりますが、お蔭で今はヨーロッパ最大のメーカーに成長しました。

弊社の三木君とペトロフ社長のツーショット。


そのような考えから弊社では、ヨーロッパ製ピアノの場合は、純ヨーロッパ製のなかではお求め安い価格帯(UPで120万~GPで330万円~)のペトロフピアノ、それ以上のご予算になると一千万クラスになりますが、創業者のパオロ・ファツィオリさんが社長のファツィオリピアノをお薦めしています。

純ヨーロッパ製については、
知っておきたい生産国表示の業界ルールで解説しています。


ピアノの選び方とその問題点

お薦めブランド ペトロフピアノ

お薦めブランド ファツィオリピアノ

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取