ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

代表的な消耗部品、ハンマーの交換

消耗部品の代表的なものがハンマーです、車でいえばタイヤ交換に似ていますが、全ての作業を人の手でやるので大変です。

これは新しく交換したハンマーの腹に針を刺して柔らかくしているところですが、針刺しの多いハンマーでは片側だけで100回ほど(両サイドで200回)の針刺しが必要になります(第一次整音)。

ちなみにスタインウェイのハンマー(部品代)のお値段は?

スタインウェイのハンマーヘッド、シャンクフレンジ付 第一整音済のお値段は、卸価格で111万円でこれに別に工賃が加わります。


針刺しをしますと刺した箇所が膨らんできますので、今度はこれを削って形を整えているところです。


これは走りといってハンマーが同じ動きをするか動かしてチェックしているところです。


ハンマーが同じ動きをするかチェックをして、このようなのり紙を貼ってバランスを取ります。


ハンマーを交換するとタッチに重い軽いのバラツキが出るので、鍵盤の鉛調整(鍵盤の重さ、何グラムで鍵盤が下がるか?何グラムで鍵盤が上がるか?を統一する作業)も必要になりますが、その鉛調整の前に、先ずはピアノ全体の調整が必要になります。

鍵盤の鉛調整とは?

車のタイヤ交換ならば、ちょっとお茶を飲んでいる間に4本のタイヤを交換して、機械でホイルバランスまできちんと取ってくれますが、このホイルバランスにあたる作業をピアノの場合は、88鍵分、手作業で整えていかなければならないので、調律師の作業も大変な手間がかかります。

今回ハンマー交換をした1988年製ヤマハG2Aですが、使用頻度の高いピアノは新しくても早めの交換が必要になります。


ピアノの調律とメンテナンス



 無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取