ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

現代のピアノはデザインに遊び心がない

基本デザインは昔も今も同じなんですが、昔のピアノはどれもデザインに遊び心があり魅力的なデザインが多く、逆に今のピアノは合理的でシンプルなデザインの物が多いということに改めて気がつきました。

現代の代表的なピアノ、ヤマハのシンプルなデザインの脚や譜面台

 
 
素敵(複雑)なデザインの譜面台に円錐の脚の1906年製プレイエル
6da5ffd6


 これもステキな1877年製のグロトリアン・スタインヴェックの譜面台
dsc_0177


 凝ったデザインの1877年製のグロトリアン・スタインヴェックの脚とペダル
dsc_0155


京都芸術センターにある1910年製のペトロフピアノ 脚と譜面台も凝っています。
%e2%84%964

現代のピアノ作りはいかに合理的(コストダウンして)にピアノを作るか、さらに国際コンクールで優勝してブランド力を高めるか、今の多くのピアノメーカーの方向性をそんな風に感じます。

ピアノという楽器は他の楽器と違い、内部に自然素材を使った複雑なメカニズムを持ちメンテナンスもかなり厄介な楽器です。

このことは一般にほとんど理解されていませんし、購入者の方も半数以上の方が初心者の方なので、ご自身の演奏で個性や性能の違いを知るのが難しく、ピアノの価値をブランドと価格だけで判断される方が多いように思いますが残念です。

たとえば現代の多くの譜面台は単に平らな板ですが、これは演奏者には遮音板になりますが、譜面台が透けていると演奏者にピアノの音が演奏者によりダイレクトに伝わるという利点があります。

現代のピアノも探せば少しは遊び心のあるデザインのピアノもあります。

現代のディアパソンの譜面台
IMG_0737

現代のフォイリッヒの譜面台
img_7187

凝ったデザインのペトロフの脚と椅子
img_7193

今のピアノ作りは合理的過ぎて何か大切なものを見失っているような気がしてなりません。




 
無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取