ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

グランドピアノの大きさによる理論的な違いは?

グランドピアノの場合も大きい(奥行きが長い)ピアノが良いとされ、特にタッチ感については鍵盤の長さの影響が大きいとされています。

写真はスタインウェイのAモデルのもので、仕組みを分りやすくするために鍵盤の上のアクションを取り外したものです。


鍵盤の写真ですが、上側が奥行き155cm、下側が奥行き188cmの鍵盤の写真です、極端には違わないのですが、鍵盤の長さか微妙に違うのが写真からご理解いただけると思います。

鍵盤を上から見た写真ですが、鍵盤の真ん中あたりにフェルトが見えると思いますが、これはバランスピンと呼ばれるピンの穴で、このバランスピンが、丁度、シーソーの支点に相当して、鍵盤が演奏時に上下します。


鍵盤の上にアクションを載せた状態、写真はスタインウェイのAモデルです。


グランドピアノの大きさ(奥行きの長さ)による性能差なのですが、タッチに関して云うと、この鍵盤の長さによる違いが大きく、大きなピアノほど鍵盤が長くなるということが、弾いて気持ちが良いと考えられています。

 もちろん、大きいというのは鍵盤だけではなく、響板の面積も大きくなり、高音部の弦長はそれほど変わりませんが、中音から低音域の弦長さは、大きなピアノになればなるほど長く取れます。

ですから同じ品質のピアノならば、大きなピアノほど豊かな低音を出し、いわゆる、ダイナミッツクレンジが大きいピアノになりますので、これらの相乗効果で、大きなピアノほど弾いて気持ちが良いことになります。

トータルに考えると?
 
トータルな魅力で考えると、やはり良質のピアノはコンパクトなピアノでも、響板やボディー全体が一体となって鳴りますので、大きさ以上の豊かな低音や中音域も出ますし、キラキラとした魅力的な高音域があります。

最近の傾向は、コンパクトで家具としても魅力的で、所有すること自体に喜びもあり、少し高価てもよく鳴り音色が美しい、高級(高品質)な小型ピアノが好まれる傾向があります。

極端な例かも知れませんが、良く調整されたイタリアの最高級ピアノ、ファツィオリピアノの最も小型の奥行き156㎝(約1千百万円)を一度、弾かれてみると、誰もがその快適さにびっくりされると思います。

理屈通りに行かないのが世の常ですが、まして趣味性の高いピアノという楽器のことですから、恋人と同じで、多少の無理をしても欲しいと思うかどうか?で最終的な選択が決まるのではないでしょうか。

お薦めブランド

YOU TUBEで解説しています。
ピアノの調律とメンテナンスについての詳しい解説

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


インシュレーターを木製にすると響きが改善される!

インシュレーターは、ピアノの下についているキャスター(UPで4個、グランドで3個)で、ピアノを固定させるために敷くお皿のことです。

木製(無垢の掘り出し)のインシレーター

木製インシュレーターの裏側


国産メーカー純製のプラスティックのインシュレーター


プラスティックのインシュレーターの裏側


ヤマハ、カワイのメーカーもインシュレーターには、新品ピアノに付属品としてついているのはプラスティックのインシュレーターです。

浜松ピアノ店で販売する新品ピアノと多くの中古ピアノには、あえてこの木製インシュレーターを付属品としてつけています。

プラスティック製がセット価格で¥600~¥1.200に対し、木製は¥6.000~10.000-と価格は約10倍ほど違いますが、絶対金額はたいしたことはないので、弊社が販売するピアノには、あえて響きが良くなる木製にしています。

過去に木製(無垢)のインシュレーターのご注文をいただき、お送りしたユーザーの方から交換後の使用レポートを頂いたものがありますのでご紹介したいと思います

浜松ピアノ店 植田信五様

お世話になっております。
インシュレーターをご製作、ご配送頂きまして、ありがとうございました。

結果は五重丸です!!!本当に良かったです。





●一番気になっていた中低域のこもりと、
床からの変な共振(?)が全くなくなりました。
STEINWAYならではの、このあたりの音の分離がとてもよくなりました。

●低音が、明るい響きになりました。
全域にわたって良い意味で軽さが出て、ピアノが若返った感じです。

●演奏している自分によく音が聴こえるようになりました。
D型はホール向けの遠鳴りが使命なのだから、自分に聴こえなくてあたりまえ、と思っていました。

●表現が難しいのですが、弦の長さを感じるというか・・・
低域は左の向こうのほうから聴こえ、高域は右の手前から聴こえ、
明確に場所がわかる感じで立体的です。音域による時間差もわかります。

●全域にわたり、はっきりしたので、
同時に弾いた和音は同時に鳴り、バラシた音はバラけます。
当然の事ですが、そういったニュアンスがラクにつけられます。
今までどうしても団子になってしまうトリルの箇所も、一挙に解決です。
こうしている「はずなのに」というストレスがなくなり、「した事」は必ずそのように出てきます。(なので当然「してしまった事」もそのとおりに出ます)

●鍵盤の感触が硬くなったというか、
アクションがぐっとひきしまった感じです。これは驚きです。

というわけで、ウチのD型は、先日オーバーホールしたのですが、ハンマーはそのままです。この年代の楽器の太く豪快な鳴りは健在なのですが、独特のこもり(ピアノに顔を近づけて聴くと全然大丈夫なのに、演奏する位置だと気になる)と、アクションのどこかぬめっとした感じがどうしてもとれなかったのです、これが一挙に解決しました。

中略

どうもありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

個人差はあると思いますが、敏感な方の中には、こんな風に感じられる方もおられるようです。

インシュレーターの交換も小さな改善ですが、内部に複雑な構造を持つピアノという楽器は、メカニズムの丁寧な調整や適切な整音で初めて気持ちが良いピアノになるということをご理解いただければ幸いです。

当店でピアノを選ぶメリット

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


冬の暖房、特に床暖房には注意が必要です。

ピアノは冬場のエアコンの温風、過乾燥、床暖房等に注意が必要ですが、なかでも深刻なのが床暖房です。

グランドピアノの下に敷かれた断熱パネル

エアコン暖房のお宅が多いかと思いますが、エアコン暖房の場合は、温風がピアノに直接当たらないようにすることが大切です。

それより深刻なのが床暖房です。
床暖房は快適で心地良いのですがピアノにとっては最悪で、せっかく調整したピアノも、床からピアノ自体を直接温めますので、ピアノが大きく狂ってきますし、重大な不具合が生じることがあります。

なかでもグランドピアノの場合は、暖かい空気がピアノ下部の響板のあたりに滞留して、大切な響板に不具合を起こします。

なので既製品の断熱材(10万円前後)か、あるいは出入りの工務店にお願いして、断熱パネルを作ってもらいピアノの下に敷く必要があります。

また暖房が入ると空気が乾燥してきますので、それに合わせて加湿器を稼働させて、湿度50%前後のキープして下さい。

弊社がショールームで使っている加湿器
ナカトミ スチームファン式加湿器[SFH-12]2万円前後
メンテナンスが容易なのが〇です。


ピアノの調律とメンテナンス

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取