ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

若い調律師と調律師をめざす人への提言

調律師業界の現状は

現状は60代から70代の調律師が多いので、これから10年、20年先には調律師もほとんどいなくなると思いますので、その意味では将来ライバルはいなくなります。



そのような背景からも高い授業料を払い調律の専門学校を出れば、すぐに調律師として稼げるのではないかと考える人も多いのではないかと推測しますが、現実は甘くありません。

調律の仕事が年々減少している

今はデジタルピアノ全盛でアコスティックピアノの販売は年々減少を続けており、ピアノ全体の全体の10%位ではと思いますが、それに伴い調律師の仕事量も減少しています。

就職しても辞める人が多い

調律学校を卒業して就職しても、1年以内に調律師を辞めてしまう人が90%とも言われています。

私見ですが、メーカーを含め大概の職場では、日ごろ調律でだけで、余分な手間ががかかる鍵盤・アクション・ダンパーの調整をやる習慣がなく、その意味でも調律師としての技術向上が図るチャンスがないので、給与、待遇を含め先が読める人ほど将来を悲観して業界を去っていくのではと推測しています。

ここで云う調整とは?

ピアノのメカニズムの素材は、金属の他に木とフェルト、クロスから出来ており、それらに必ず伸縮や歪みが発生するので、これを調律師の手で鍵盤、アクション、ダンパーの修正と擦り合わせ調整が必要です。

一通り鍵盤・アクション・ダンパーの調整やると新品で3日ほどの手間がかかるので、ほとんどのピアノが省かれていますが、いかなるピアノであれ3日間の調整で音色、タッチ、表現力が大きく向上し本来の性能を発揮しますが、この調整の重要性が業界的にもほとんど理解されていません。

№1、全ての調整の土台、鍵盤調整

№2、アクションとダンパーの調整

№3、最後に調律と整音で完了します

調整を理解せず性能は語れない


あえて有料調律を希望される方

ピアノ愛好家の方やコンクールをめざすような人はタッチや音色、表現力を大切にされる方が多いので、それには調律だけでは全く役不足で、演奏者の要望に沿った調整や整音に技術的に応えることが必要ですが、現状はそれに応えられる調律師はほとんどなく「こんなものです」で終わっています。

しかし演奏者の細かい希望に応えることが出来て、一旦、演奏者から技術的信頼を得ると、今後も長くメンテナンスの依頼を頂けますし、それが口コミでお客様が増えますので将来も安泰です。

弊社のメンテナンス風景

これからの調律師は高度な調整と整音技術の習得が必須で、できれば体力や気力、集中力がある若いうちに、高度な精密調整や整音の技術を体得する必要があります。

精密調整を習得するには?

精密調整や整音技術はいわば職人技の世界ですから一般に考えられているように各種研修や検定を繰り返し受けても決して体得はできません、

これを体得するには日常の仕事になかで繰り返し調整や整音を行い、適宜、チェックやアドバイスを受けながら、日常的に調整作業を繰り返して初めて体得できるものです。

しかしメーカーや販売店には日常的に調整作業をやる習慣がないので精密調整を体得する環境がありません。

弊社ではピアノをイージーオーダーの楽器と考えています









精密調整ができれば調律師としての将来は保証される

ひとたび早くて正確な精密調整ができるようになれば、性能を大切に考えるお客様から必ず支持されるので、こちらから催促の電話も必要なく、むしろお客様の方から催促の電話を頂けますので、いわば行列のできる調律師と云えます。

浜松ピアノ店は日常的に精密調整を、展示ピアノ、出荷調整、メンテナンスで行っています、しかも必要に応じて調整や整音に関する技術的なチェックやアドバイスを受けることができます。

今、浜松ピアノ店は向上心のある若い調律師を求めています。

調整や整音に興味がある方は弊社までお気軽にお問い合わせください。
職場見学も大歓迎ですが事前に一報ください。



下記のリンク先もご参照下さい


浜松ピアノ店独自の26項目の出荷調整


浜松ピアノ店の中古ピアノが商品になるまでVol.1~Vol.5

 

調律師もピアノ愛好家が望ましい


調律師の賃金は男女とも同じです

持ち込み調整の依頼が増えました

浜松ピアノ店では精密調整をめざす若い調律師を募集しています

調律師募集【限定1名】

ピアノの精密調整や業界事情も良く分かる資料2点を無料進呈していますので、ぜひ、お申込み下さい。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取